デイビッド・パールマターは今がお買い得品 2017年度

これ!結構!読まれているようですが!何パーセント位の方が理解できるのでしょうか?私には!チョット・・もっと!簡単に!面白く!書いた本のほうがいいな〜流行りの糖質制限を推奨する警告本ですが!日本人よりも摂取が多いアメリカ人が書いた事に大きな意義があると思います。心なしか、頭がすっきりしてきて仕事の調子もいいです。食パンや菓子パンは!洋食の中でも特に主食とも言える代表的な食べ物です。

こちらになります♪

2017年02月05日 ランキング上位商品↑

デイビッド・パールマター「いつものパン」があなたを殺す [ デイビッド・パールマター ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

感想はまさに、衝撃!!今まで読んだ本の中で一番衝撃的でした。悪者扱いされているコレステロールも必要なものだし 脳の7割程度は脂肪です。この本の通りの食生活は ビールが美味しいと思っている限りは到底出来ませんが…。本のタイトルが仰々しいので☆マイナス1にしました。小麦粉系パン!麺類などお好きな方で気にになる方にはおすすめ。タイトルが過激ですが読んでみたら納得の内容です。実際に試してみると!頭痛がなくなったり!体が絶好調になりました!!個人差はあるとは思いますが!まずはやってみないとわからない!いやー!この本に書いてあることがすべて真実だとして!それを国単位で取り組むと!様々な問題が解決するんじゃないかな??ってぐらいの内容です。サイトカイン恐るべし!ただ!食事の実践は!かなり厳しいと感じました。子供や孫にはあまり食べさせないようにと言われました。原題が「Grain Brain」である通り、要は麦類の過剰摂取が如何に脳に悪影響を及ぼすのかを解説した本です。普通のおばちゃんがこの本を丸々理解する事は難しいですが 普段の食生活でちょっと気にかけるだけでも違うのかなぁ…と思いました。体だけではなく心にまで影響を与えているのだそうです。私は今まで朝はパン食でしたが、この本を読んで、お米に替えました。そこからウェイトリフティングみたいに徐々に負荷を上げて!ほぼ精進料理のような和食を理想としたいと思います。≪ジョコビッチ≫の本を読んで、興味を持ったので買ってみました。炭水化物の取りすぎもよくないようですが!パンよりはお米のほうがよさそうなので。毎日朝昼パン食の母に頼まれて買いました。小麦のグルテンアレルギーがあるという説。最近は!特にこうしたパン類よりも!ご飯類が!昨年に炊飯器をIH炊飯器から昔のマイコン型炊飯器に変えたこともあり!美味しく感じます。「なるほど!。知らなくて良かったことを知ってしまったような気分です。本書第2部に、脳の健康と機能を理想的に保つ食事・運動・睡眠について、第3部に食事についての実践アドバイスも記載されているので、是非誰もがいずれは迎える高齢期の健康のために活かしてほしいと思った次第です。100%の和食は、さすがに実践が難しいですが、まずは黄金比の8分の5の割合で和食にしようとおもいました。現在の小麦を主とする穀物が、遺伝子生物工学を含めた現代の食品産業の振興でわずか数十年前の穀物に比べ40倍もグルテンを含んでいること、グルテン過敏症が脳疾患と強い結びつきがあることは勉強になりました。小麦の入っていない調味料も少ないし!ほとんどの加工食品を食すことは不可能です。推奨しているサプリメントを摂り、食事をほとんど食べなければいいのかもしれませんが・・・化粧品もシャンプーもグルテン入っているものが多く、探すだけでも大変です。化学は好きな方ですが、その分野に精通していないとなかなか難しい内容ではあるかと思います。」これまで普通に食べてたパンが、実は…!。まだ1部の1章しか読んでませんが今までの糖質制限本よりも具体的に化学的なアプローチでイイかもしれません(笑)この手の本は人によって好き嫌いがあると思いますので評価は標準の星3つですが私自身は買って良かったと思います。できれば、近年流行の少食に持っていこう、とも思いました。勉強になりました。。お米はOKだそうです。以前から気になる一冊でしたが!先日!参加した犬ごはんセミナーの話題の一つにもなったので購入しました。随分前から言われているグルテンフリー。また、糖尿病の原因にもなる血糖値の上昇を一番もたらすものが、1.全粒粉小麦パン 2.チョコバー 3.精白砂糖大匙1杯 4.バナナ の中でなんと1番であり、それは精白小麦で作ったパンと同じレベルだというのも驚きでした。ただ!脳に良い食べ物良くない食べ方などは!詳しく書いてあり具体的な細かい部分はわかりやすいかと思いました。今更パンからごはんに変更できないけど、パンがいかに体に悪いか分かったそうです。タイトルに驚き読んでみました。