読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこのアナタ!テイラーの「お買い物」ならココがおすすめ♪

人間の体の不思議を感じました。右脳と左脳をバランスよく使って生きることができるようになる。。

下記の商品です♪

2017年02月05日 ランキング上位商品↑

テイラー奇跡の脳 [ ジル・ボルト・テイラー ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

解剖学的な!脳の機能を理解するのではない!昨日のオリジナルを理解する!広い学びが出来る。・・・が、脳科学者としての記述や説明の部分が多く、参考になったのは最初の部分(著者が倒れて病院に運ばれ、リハビリに取り組むまでの部分)だけで、もっと判り易い説明や「救いとなる言葉」が欲しかった私としては全くの期待外れでした。奇跡の脳とはどんな状況からどのようになったのか読んでみたくなり購入 読むほど誰でもテイラー,ジル・ボルトDrのようにはならないだろうと考えたのでしたが。NHKのスーパープレゼンテーションを見て!興味をもち購入しました。脳科学者が脳卒中で倒れていく過程と治るまでの状況を書いて本です。脳のしくみや、脳が壊れてもある所までは回復するとのことです。理屈っぽくてカリカリ、左脳が支配していた作者の人生が、左脳側に脳こうそくを患ったことで、右脳が目覚め、理屈抜きの幸福感と一体感を味わう。医療従事者として気づかなかったことがたくさん書かれています。意識の構成要素!などと言った少し漠然としてタイトルが!多いです。まず彼女の動画を見て興味を持ったのですが!より詳しく状況を知ることができてとても興味深かったです。ベテランさんにも新人さんにもオススメです。後遺症に苦しんでいる患者さんはもちろん、医療、介護、福祉にかかわるすべての人に読んで貰いたい本です。脳卒中の人の状態を理解することもできました。内臓としての機能分析を知りたいなら!違う性質の書籍をお勧めします。父が脳梗塞で倒れて入院したので!ネットで初心者(素人)でも判り易く説明されている本を探していた時!こちらの本を挙げていらっしゃる方が多かったので注文してみました。よくぞ書いてくれたという感動さえありました。脳と体のつながり!そして右脳と左脳がバランスをとっているけど右脳が活性化されると幸福感を味わうことなど!読んでいて感銘を受けました。教科書や実用書のには治療者から見た患者の姿が書かれていますがこれは患者が体験してきたことが医療従事者でなくてもわかりやすいように書かれています。良く晴れた初夏の陽射しに目を細めながら歩くとき、冷たい川の流れに手を浸したとき、きっと誰でも味わったことのある、自然との一体感、自分の輪郭が溶ける瞬間、その価値を今までよりずっと深く感じるようになった。このようなことが自らの体験をもとにして、わかりやすく解説しています。